小顔になる方法ってどんな方法?【エラを改善する治療はボトックス】

気軽に受けられる小顔矯正

顔に触れる女性

効果を持続させたい人に

トップモデルや俳優などを見ていると、八頭身など身体に対して顔が小さい人が多いです。そのため、美しさの条件の中に小顔であるという項目が追加されるのは当然のことで、美容整形クリニックでも小顔矯正の施術は人気となっています。小顔整形以外にも、小顔になる方法はあります。整体院などで行なわれている小顔マッサージなどは気軽に試せて便利ですが、そういった類の施術は水分や老廃物を一時的に排出しているだけのことが多いです。そのため、施術直後は顔が小さくなったように見えますが、数日経つと元の大きさに戻ってしまうことが多いのです。永久的・半永久的に小顔でいられる方法は、美容整形クリニックにあるかもしれません。美容整形クリニックでは、整体やマッサージでは対処できない悩みや持続性の高い医療処置を行ないます。身体の仕組みを活用したり、物理的に顔を大きくしたりしている部分を除去することができるので、悩み解決に繋がりやすいのが特徴です。元々の骨の形やダイエットしても顔の脂肪だけ落ちない場合は、その原因に応じた治療を行なうのが近道となります。美容整形クリニックは他の病院と異なり、治療前にカウンセリングを行なうなど、コミュニケーションに重きを置いています。不安点などを気軽に担当医に相談できるため、安心して治療に臨めますし、アフターフォローが充実しているクリニックも多くあるので足を運びやすくなっています。今ではプチ整形の技術も進歩しており、切らずに小顔になる方法もあります。状態にもよりますが、注射だけで小顔になれるかも知れないので、まずはカウンセリングだけ受けてみる人も多くいるようです。手術や注射を用いて小顔になる方法は、痛みや腫れが気になると思われます。手術の場合ですと抜糸をするまでは腫れたりむくんだりする可能性は多く、施術部位のケアが大切です。エラ切りなど、骨を削って小顔になる方法を利用した際は、しばらく入院が必要なこともあります。入院中は施術部位のケアを管理してもらうことができるので、回復するまでは安静にしているだけで大丈夫です。脂肪吸引を行なった場合は、2、3日テーピングで固定し、4週間ほどは腫れやむくみがあるでしょう。それ以降は次第に腫れも引いていき、すっきりとした小顔になっていると思われます。ボトックスなどの注射による治療ですと、腫れは1週間から2週間で引くことが多いです。ただし、注射針による内出血が現れることがあります。肌のターンオーバーを高めるクリームなどを塗れば多少早く消えますが、だいたい2週間ほどはメイクでごまかさなければいけないかもしれません。針を刺した部分の痛みはそれほど長引くことはありませんが、ボトックスは筋肉の緊張状態をほぐす作用があります。そのため、施術を行なった筋肉の力を補うために他の筋肉が働き、筋肉痛が起きたり、違和感があったりするかもしれません。これらの症状は個人差がありますが、短い人では1週間、長い人だと4週間ほど違和感を覚える場合があります。どの方法に関しても、希望すればクリニック側から痛み止めを処方してくれることがあります。痛みに弱い自覚がある人は、カウンセリングの際に担当医へ事前に伝えておくとよいでしょう。

Copyright© 2018 小顔になる方法ってどんな方法?【エラを改善する治療はボトックス】 All Rights Reserved.