小顔になる方法ってどんな方法?【エラを改善する治療はボトックス】

最も確実な方法とされる

カウンセリング

顎の悩みを解決

最も確実な小顔になる方法は、骨切り手術です。その中でも高い効果が見られるのは、ルフォー?型骨切り術と下顎矢状分割骨切り術の組み合わせです。顔の長さが気になる人やガミースマイルに悩む人に適します。ルフォー?型骨切り術は上の歯茎から少し上にある骨へアプローチし、水平に骨を切っていきます。それからさらに上顎をバックさせれば、小顔にすることが可能です。そして、上顎が短くなった分、下顎も下顎矢状分割骨切り術によってバックさせます。この手術を併せて行わないと、顎関節を支点にして咬む内に下顎が前に移動していき、それに伴って上顎も前方に引き寄せられていってしまいます。せっかく顔が短くなっても、前方に出てしまうと小顔効果はいまいちです。ですから、ルフォー?型骨切り術を行う際は下顎矢状分割骨切り術とセットと考えるのが妥当です。また、下顎が出ている人は単独で下顎矢状分割骨切り術を行うことで小顔にできます。ルフォー?型骨切り術や下顎矢状分割骨切り術は、口腔外科の治療で実施されるのが一般的です。顎変形症の人は、これらの手術が保険治療で受けられます。しかし、口腔外科で行うのは、あくまでも正しい噛み合わせを目的とした手術です。小顔になる方法として行っていないため、術後の顔が美しくなるという期待はしないことが大切だと言われています。その点、美容外科で行う手術は美容を目的とした手術なので安心です。ただ難易度が高く、手術を手がけられるドクターは全国的に見ても限られます。口腔外科でこれらの手術を多く手がけてきたドクターに頼むことが大切です。最も効果的な小顔になる方法と言えるルフォー?型骨切り術と下顎矢状分割骨切り術は、各種撮影や各種分析が行われ、手術が適当かどうか判断されます。撮影を細かく言うと、パノラマレントゲンや頭部レントゲン撮影、CT撮影などです。特にCT撮影は3Dデータの取得で3次元模型が作れるので、精度が高く安全な手術のためには欠かせないと言われています。様々な分析を経て、これらの手術が適した小顔になる方法だと判断されたら手術日が決定されますが、術前に出血量のことを考えて、自己血の貯血を行うのが一般的です。ルフォー?型骨切り術と下顎矢状分割骨切り術を行う場合は1200mlの貯血が必要です。1回に採血できるのは最大400ml、かつ頻度は週に一度となっているので、早くて1ヵ月後の手術となります。手術は全身麻酔で行うクリニックもあれば、局所麻酔で行うクリニックもあります。手術前日から入院しますが、入院期間もクリニックによって様々です。手術にかかる時間はおよそ250分から300分となっています。手術が終わったら正しい噛み合わせになるように、顎間をシーネとゴムで固定します。食事は手術翌日から可能なものの、1週間から2週間は大きく腫れる場合が多いため、食べることがままならないかもしれません。クリニックによっては2週間は流動食で栄養を取るように指導しています。完全に腫れが引くのは、3ヶ月から6ヶ月が目安です。術後は抜糸があるほか、咬合チェックのための通院が必要です。術後3ヶ月間までは顎間ゴム固定を夜の間だけ行います。

Copyright© 2018 小顔になる方法ってどんな方法?【エラを改善する治療はボトックス】 All Rights Reserved.