小顔になる方法ってどんな方法?【エラを改善する治療はボトックス】

効果のある治療の選び方

女医

実績や保証に注目

医師が小顔になる方法を提案する際、基準となるのはその悩みの元凶です。小顔にしていくためには患者自身が不満を抱いている部分を分析し、それが改善される方法を考えた上で治療法が分かれていきます。そして、悩みのパターンは、大きく分けて4つに分類されます。1つは、エラによる悩みです。アゴ部分が大きくなることで輪郭が台形になり、下膨れした大きな顔に見せてしまいます。エラを改善する治療はボトックスかエラ削りのどちらかを適用することが多く、ボトックスは筋肉のエラに、エラ削りは骨のエラに施されます。2つ目は脂肪です。頬についた余計な脂肪が顔を大きく見せていく場合、美容外科では脂肪吸引が早く効果を得られます。ダイエットやエステで小さくする方法もありますが、脂肪吸引のほうが早く効果を実感でき、通院回数も少ないのが特徴です。3つ目は老廃物などによるむくみです。リンパの流れの滞りなどによって、老廃物や水分が顔に溜まってしまい、膨れた印象に繋がります。その場合はエステやマッサージなどで滞りを改善し、老廃物を排出する方法がとられます。最後に、輪郭による悩みです。顔のサイズは実際大きくないけれど、顔の凹凸が少なく、アゴが小さいなどの理由から、丸顔でぱっと見大きく見えてしまうことがあります。そういう人には小顔になる方法というよりも小顔に見せる方法が向いています。ヒアルロン酸注射や自分から採取した脂肪を注入し、顔にメリハリをつける治療が用いて、アゴを作ってシャープな輪郭にしたり、鼻筋を高くしてパーツの形を変えたりするだけでバランスが良くなり、小顔効果が得られます。小顔になる方法と一言で言っても、悩みの根源によって治療方法は多岐に渡ります。適切な治療を受け、理想の小顔を手に入れるためには、クリニック選びが重要となってきます。クリニックを選ぶ際、基準にしてほしいのは治療実績、保証やサービス、対応する治療のバリエーションです。まず、治療実績が豊富なクリニックを選ぶことで安心を得ます。切開が必要な治療や、注射などで薬品を利用する治療は、ダウンタイム・副作用などを乗り越える必要があります。体への負担を想定しなければならない場合、医師の実力や経験値が高いほうが安心して身を任せられます。今はホームページなどでクリニックの治療実績を閲覧することができますので、事前に情報収集しておくと良いでしょう。次に、保証やサービスも安心を得るために調べておいたほうが良いでしょう。特に注射による治療を行なう際は、副作用が重いときにいかにケアを行なってくれるか、後で困らないためにも知っておくのが安心です。最後に治療のバリエーションですが、幅広い小顔矯正治療に対応しているほうがいいでしょう。小顔になる方法というのは、悩みによって適切なものが選ばれます。効き目が高いと評判の治療法でも、原因に対して的外れな治療だと効果がありません。原因がわからない状態で受診するなら、原因判明の時点でそれに対応する治療法は受け付けていません、となるとまたクリニックを探さねばなりません。二度手間を防ぐ意味でも、最初から多くの医療設備を備えているところで受診するのがおすすめです。

顔に触れる女性

気軽に受けられる小顔矯正

整体やマッサージで小顔になる方法もありますが、小顔効果を持続させたい人に人気なのは小顔矯正です。美容整形クリニックで行なう治療は身体の仕組みを活用したものが多く、担当医との距離も近いので足を運びやすくなっています。

詳しく見る

カウンセリング

最も確実な方法とされる

確実に小顔になる方法を考えている人は、ルフォー?型骨切り術と下顎矢状分割骨切り術を選択肢に加えるといいかもしれません。元々顎変形症の治療で実施されている手術で、顔の下半分を短くして顎を引っ込めることにより、小顔にできます。

詳しく見る

看護師

自分を変える勇気を持とう

顔が小さいとそれだけでスタイル良く見えますし、魅力もぐっと上がるものです。小顔になる方法はいくつかあり、ボトックス注射や脂肪吸引、シリコン注入などが代表的な方法と言えるでしょう。医師と相談して方法を決めることが重要です。

詳しく見る

Copyright© 2018 小顔になる方法ってどんな方法?【エラを改善する治療はボトックス】 All Rights Reserved.